公開日: 2020.02.01 - 最終更新日:2020.03.05

コロナ ウォールヒート【CHK-C126A】日本製 設置工事☆ヒートショック対策におすすめ!暖冬でも要注意。脱衣所・洗面所・トイレ・玄関に◎

谷名高明谷名高明
  • シェア
  • twitter

みなさんこんにちはー!
今年の冬は近年、稀にみる暖冬と言われています。生活しやすい一方で、雪景色や雪遊びを楽しみにしている方にはちょっと残念ですね。私もその一人です( ゚Д゚)
暖冬だからと言っても、朝晩の寒暖差は、寒冬以上に大きく、ヒートショックへの油断は禁物です。
そこで今回はヒートショック対策にお勧めの暖房器具、コロナのウォールヒートを設置事例を含めてご紹介させて頂きます。

コロナのウォールヒートってどんな物?

コロナのウォールヒートとは、壁掛型遠赤外線暖房機です。
簡単に特徴をお伝えしていきます。

コンパクトな壁掛タイプなので狭いスペースにも設置可能。

床置き暖房と違い床のスペースをとらない(新聞紙1面の1/2サイズ)ので、じゃまになりません!

人感センサー搭載。人を検知して自動でON・OFF。

スイッチONですぐにあったか!

1.200W、600Wの2段階切替。遠赤輻射熱+ファンを回して温風がでますので瞬時に温かさを感じて頂けます。

エコモード搭載

温度センサーがお部屋の温度を検知して室温に合わせてヒーター出力を調整します。

100Vコンセントがあれば色々な場所に設置可能!

安心の日本製!

いかがでしょうか?メリットたくさんの商品となっています。

 設置工事内容

据え付け位置の決定

床から1.8m以上の高さ、製品の上50㎜、横に200㎜以上の離隔距離をとれる場所。
コンセントの位置、2m以内にあるかの確認。(コンセントがない場合は増設工事が必要)

希望の位置が決まったら、型紙を合わせてテープで留めます。

下地の探し&アンカー施工

据付板のビス穴部分に下地探しを使って下地を探します。

下地が見つかったらOKですが、無い場合はアンカーを使用します。(壁厚10㎜以上必要)
今回は取付したい場所に下地が無かったので、アンカーを使用しました。

 据付板水平を取って、本体の据付

据付板がまっすぐついていれば後は本体をひっかけるのみです!
見た目に影響しますので慎重に水平を取ります。


リモコン、フィルターの取付もありますが、ここまでくれば、ちょちょいのちょいです。

 完成

電源を入れて試運転を行います。


下地もコンセントもあれば、特に難しい工事ではございません。
(コンセント増設や直結の場合は電気工事士免許が必要です。)
見た目はコンパクトですが、遠赤輻射、温風ですごく温かく感じます。
また、小さなお子様がいるご家庭でも設置場所が高いので安心です。

最後に

中島商事では、エネルギー事業者として、ヒートショックの発生を少しでも減らすべく、安全性、快適性と合わせてご案内を続けて参ります。
ガス器具、暖房器具に関する事はなんでも、中島商事にお問い合わせくださいませー☆

※こちらの ヒートショック・ウォールヒートの関連記事もご参考にご覧ください。

↓↓↓

https://www.kurashiga-info.jp/blog/life/4886/

https://www.kurashiga-info.jp/blog/life/1733/

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
谷名高明

谷名高明

中島商事株式会社 直販課の谷名 高明です。
直接お客様のお家を回り、ガスの開栓、閉栓、機器等の調子をお伺い、前職では店舗勤務を行っており、直接お客様に接する事が大好きでした。
皆様にお会いできる日を楽しみにしております。
新人ならではの目線で日々情報発信をさせて頂きます!