公開日: 2019.10.22 - 最終更新日:2019.10.20

埃(ホコリ)はどこからくるの?~ハウスダスト対策~

野口晴菜野口晴菜
  • シェア
  • twitter

こんにちは!大阪ガスサービスショップナカジマです!突然ですが「ハウスダスト」というワードを聞いたとこがあるという方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。聞いたことがあっても一体どういったものか、どこから来るのかも知らないという方も少なからずおられるのでは無いでしょうか。今日はそんなハウスダストについてお話させて頂きます!

ハウスダストって?

ハウスダストとは室内にたまるホコリのことです。ホコリの中でも特に1mm以下の肉眼では見えにくいもののことをさしています。また小さくてとても軽い為、空気中に舞い上がりやすく体内に入るとアレルギー症状などを引き起こす原因になる場合があります。くしゃみや鼻水、鼻づまり、目のかゆみ・痛み、皮膚の炎症・かゆみ、肌の乾燥、喘鳴や呼吸困難、咳などが挙げられます。

ハウスダストってどこからくるの?

ホコリには外部からくるものと内部で発生するものがあります。外部で発生するものとしては、土砂ボコリ・花粉・ダニの死骸やフン・自動車の排気ガスなどがあげられます。内部で発生するものは、布団や衣服から発生する綿ボコリ・畳や紙から発生する繊維クズ・人の毛髪・ふけ・ペットの毛などがあげかれます。大半が家庭内で発生する、布団や衣服などから出た「綿ボコリ」だそうです。布団や衣服は生活において必要なものですのでホコリ達は毎日掃除してもどこからともなくやってきます。。

ホコリ掃除はタイミングが重要!

お掃除するなら、朝一番と帰宅直後です!!

ハウスダストはとても軽くふわふわと宙を舞うので、人の動きに合わせて移動します。人が眠っている時は空気の流れがない為、ハウスダストは朝までの間に床に落ち、床の上にたまった状態になります。昼間お家に人がいない場合は、空気の流れがないのでハウスダストは床に落ちていきます。夕方以降は、人がお家に帰ってくると人の動きでハウスダストが舞い上がります。そして人が就寝して空気の流れがなくなると、舞い上がったハウスダストが落ちて床にたまっていきます。

☆また、掃除の手順としては乾拭き→掃除機→水拭きの順がオススメです!細かいホコリを取り、掃除機で大きなホコリを吸い取り最後に残ったホコリ、汚れを拭き取れば完璧です。

まとめ

ハウスダストの大半が綿ボコリだったんですね!どんなにお部屋を綺麗に掃除していてもホコリが溜まり、ストレスも溜まる一方だったのでは無いでしょうか?ホコリ掃除にはタイミングが重要なので是非、効率よくお掃除してストレスレスな生活をしてみてはいかがでしょうか

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
野口晴菜

野口晴菜

大阪ガスサービスショップ ナカジマで主に、受付業務をしています。休日は料理をしたりぽっちゃり猫に癒されながらのんびりと過ごしています。調理師の経験を元にガスを使ったキッチンスタイルや、美味しいお店、ちょっとしたお役立ち情報など発信いたします。お客様のニーズに素早く応えられるよう、日々勉強頑張ります!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket