公開日: 2020.07.10 - 最終更新日:2020.07.21

4口のコンロが日本に少ない理由

里西宏樹里西宏樹
  • シェア
  • twitter

こんにちは!大阪ガスサービスショップナカジマの里西です。皆様は海外のガスコンロは4口あることはご存じですか?海外のテレビショッピングではたまに4口コンロを見ることができます。ただ、なぜ日本では4口のコンロはあまり見ないか。そこが気になりましたので調べてみました。

日本のガスコンロ

まず日本のコンロはビルトインコンロは3口・テーブルコンロは2口が主流です。また、2008年10月以降法律が厳しくなり全口にセンサー付けることが義務化になり、センサーが付いてないものを販売することができなくなりました。大阪ガスが販売しているコンロのセンサーについて詳しく書いている記事もありますので参考にしてみてください。

ガスコンロの安全・安心機能について

海外のガスコンロ


海外製のガスコンロの大きな違いは4口もあることです。4口もあるとたくさん料理できると思いますが個人的には4口も使うことはないかなと思います。また、安全センサーはついていないため高火力をずっと維持することは可能です。

なぜ海外製のコンロが日本の家庭に少ないのか

日本の家庭になぜ海外製が少ないのかは2008年10月以降の法律が影響しており、海外製は安全センサーが付いていないので取り付けるのが不可能になってしまいました。それが大きな原因です。このセンサーが影響して海外製の4口コンロはほとんど撤退をしています。

まとめ

海外製のコンロは4口あってつけてみたいなと思われる方もおられます。ただ、海外製のコンロは法律の関係上厳しいです。ただ、リンナイ製には4口コンロがあり安全センサーも全口についております。もし、見てみたいなと思われた場合は下記を参照してください。
リンナイ製4口コンロマイチョイスシリーズ

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
里西宏樹

里西宏樹

大阪ガスサービスショップナカジマ営業チームの里西です。彦根・長浜にお住まいのお客様のおうちに伺い、ガスを開ける作業やガス機器の販売を行っております。動物が好きで、家では愛犬の「もずく」と遊びながら癒されています。お客様のお困りごとを素早く解決できるように頑張っていきます。