公開日: 2021.02.27 - 最終更新日:2021.03.09

あまった灯油の処理はどうすればいいの?

村嶌勇治村嶌勇治
  • シェア
  • twitter

だんだんと暖かくなってきました。寒い日もあとわずかです。

石油ストーブ・ファンヒーターを使ってると、灯油が余りますよね。灯油は劣化するため灯油をシーズン持ち越して使うことは基本的にできません。今回はあまった灯油の処理について案内します。

 

 

灯油は劣化する

灯油の使用に期限はありませんが、長期間放置した場合、灯油は劣化します。
劣化すると、点火や消火しにくくなります。また使用の際は煙がでたりします。
水の混入による錆びが発生する
劣化した灯油は黄色く変色しています。また、酸化による酸っぱい匂いもするため、においを嗅いで確認するのも一つの方法です。それ以外にも劣化した灯油もあるため、灯油を翌シーズンに持ち越さず、日頃から正しく保管することが大切です。

石油暖房器具で使用する灯油が不良だった場合、事故の原因となりますので絶対に使用しないでください。

 

灯油の処理方法

シーズンの間に全部使い切るのが一番です。

少量の場合は、ストーブをつけて燃やしましょう。

それ以外は購入したガソリンスタンド等に行けば処理してくれます。

 

灯油は「危険物」であるため自分で勝手に捨てることは絶対にしないでください。

まとめ

灯油は、専用の保管容器に入れて保管しましょう。

直射日光をさけ、雨水が入らないように保管しましょう。

劣化した灯油を使わない。事故の素です。

灯油の消費期限はワンシーズンです。持ち越さないようにしましょう。

 

 

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
村嶌勇治

村嶌勇治

中島商事株式会社 直売課の村嶌です。
直接お客様のご自宅を訪問し、ガスに関する事や、器具の取替などの業務を行っています。
お客様からの相談事や、ご要望にお応えできるよう、がんばっていきます。