公開日: 2020.06.20 - 最終更新日:2020.06.19

石油給湯器のメリット・デメリット!直圧式と貯湯式の2タイプを比較してみました♪

丸野友揮丸野友揮
  • シェア
  • twitter

石油給湯器には、主に2種類のタイプがあります。
そこで今回は、石油給湯器の『直圧式』『貯湯式』の違いをご説明させて頂きます。

直圧式

直圧式とは、必要な時に必要な分だけお湯を沸かすものが直圧式です。
水道からの圧力がそのままボイラーに入り、お湯を加熱し使うことが出来ます。

メリット

・水圧が変わらないため、一定の水圧でお湯が出てくる。
・直圧なので、お湯を使い続けても湯切れする心配がありません
・お湯の温度は1℃ごとに設定でき、温度を自分好みに調整できる

デメリット

・一定の水圧がかかるため、配管が古いと破裂するおそれがある。
・貯湯式に比べ価格が高くなってしまう。

貯湯式

貯湯式とは、給湯器内部のタンクに水を溜め、加熱してお湯を作ります。
内部が腐食に強いため、井戸水や地下水といった水質が低い場合でもお湯を溜めておくことが出来ます。

メリット

・直圧式に比べ価格が安い
・水圧が下がるため古い配管でも使える
・シャワー等の短時間使用する場合は、温度が一定のため使いやすい。

デメリット

・貯めてお湯を使うため、使い続けると湯切れを起こす可能性がある
・直圧式に比べ水圧を下げるため、多少お湯を使う時に水圧が弱くなる
・お湯の温度を細かく設定出来ない。※段階設定で温度を調節する。

まとめ

簡単ではありますが、2種類のタイプを比較させて頂きました。
弊社では石油給湯器の取り換えも行っておりますので、お気軽にご連絡下さい!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
丸野友揮

丸野友揮

中島商事リフォーム課所属の丸野友揮です!
主に水回りの事をメインにさせて頂いております!
休みの日はほぼ出掛けることが多いのでちょっとしたお出かけスポットや生活の中で役立つ情報をアップしていこうと思います!