公開日: 2019.11.22 - 最終更新日:2019.11.23

寒い冬でもポカポカに~身体の中からあったまりましょう~

黄地桂黄地桂
  • シェア
  • twitter

こんにちは、大阪ガスサービスショップナカジマの黄地です。
最近、風が冷たくなってきましたよね……。こんなに寒いと温かいものが食べたくなってきませんか?
ということで、今回は私のおすすめの身体を温めるぽかぽかメニューをご紹介します!
ついでに身体を温める食べ物と冷やす食べ物の見分け方も紹介しますので、献立の参考にして下さいね。

身体を温める食べ物?冷やす食べ物?

身体を温める食べ物

れんこん・ニンジン・カボチャ・ジャガイモ・生姜・唐辛子・ピーナッツなど

身体を冷やす食べ物

キュウリ・キャベツ・トマト・スイカ・メロン・蕎麦・こんにゃく・豆腐など

豆知識~体を温める食べ物と冷やす食べ物の見分け方~

①育つ環境で見分ける
寒い国では体を温める果物や野菜が育ち、反対に、南国では体を冷やす食べ物が育ちます。寒い地域は体に熱を吸収して蓄える必要があるため、また、暑い地域は体内にこもった熱を下げる必要があるためにそれぞれ適した食べ物が育つみたいですね。

②地面の下で育つものか上で育つものかで見分ける
地下(地中)で育つものは体を温め、地上で育つものは体を冷やします。

こちらを参照させていただきました↓ 出典:ココカラクラブ
冷え性対策!本当に体を温める食べ物・飲み物を見分けるコツ

身体を温めるメニュー

かぼちゃスープ


材料(6人分)
かぼちゃ(正味)……400g
玉ねぎ………………150g
バター………………30g
コンソメ(2個)……2個
水……………………600ml
牛乳…………………200ml
塩……………………少々
こしょう……………少々
かぼちゃの種………適量

作り方
①かぼちゃ・玉ねぎは皮をむいて薄切りにします。
②鍋にバターを入れて熱し、玉ねぎを加えて炒めます。しんなりしてきたらかぼちゃを加えて更に炒めます。
③鍋にコンソメ、水を加えて沸騰させ、中火でかぼちゃが柔らかくなるまで煮ます。
④粗熱を取り、ミキサーにかけてなめらかにし鍋に戻します。
⑤牛乳を加えて温め、塩・こしょうで味を調えます。
⑥かぼちゃの種は、約6分焼きます。
※ご注意:加熱時間は目安です。材料の大きさやお好みに合わせて調節してください。
⑦器にスープを盛り、かぼちゃの種を飾って完成です♪

詳しいメニューはこちら↓
大阪ガス Let’sガス火クッキング

生姜湯


材料(1人分)
生姜………10g
はちみつ…適量
レモン汁…適量
水…………250ml

作り方
①生姜は皮をむいてすりおろします。
②鍋に材料を全て入れて、よく混ぜながら中火にかけます。
③ひとにたちしたら、コップに移して完成です♪

まとめ

かぼちゃスープと生姜湯で身体をポカポカ温めて、今年のさむ~い冬を乗り切りましょう!!
今回紹介しましたレシピはどちらも私のいちおしで、とっても美味しいので「寒さには強い」という方にもおすすめです♪ぜひ一度試してみてください!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
黄地桂

黄地桂

大阪ガスサービスショップナカジマ営業チーム、住まいる+隊(スマイルプラス隊)の黄地です。彦根・長浜・東近江地区のお客さまのもとへ、住まいに関するお困りごとやご相談を伺いに行く業務を行っています。今は、甥っ子の『もうちゃん』に夢中で、暇さえあれば写真を眺めて、可愛さに癒されています。皆様のよき相談相手となれるよう、笑顔いっぱい頑張ります!!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket