公開日: 2019.10.26 - 最終更新日:2019.10.26

石油ストーブやポリタンク内に余った灯油・古い灯油の活用方法、及び処分方法

谷名高明谷名高明
  • シェア
  • twitter

みなさんこんにちはー!肌寒い季節になってきましたねー。冬支度を始めている方も多いのではないでしょうか。
さて今回は多くの方が一度は疑問に思ったであろう、昨年以前の余った灯油は使って大丈夫?どうしたらいいの?等の疑問にお答えしてまいります。

古い灯油をストーブに使った場合の問題点

 灯油が変質していた場合ストーブが壊れる事がある

 点火しても煙が出る事がある

不完全燃焼を起こしやすく、CO中毒の危険性が高まる

などなど、古い灯油の使用はリスクは大きいです。

古い灯油の活用方法

  1. 機械部品の洗浄に使う。
  2. 梅雨の時期に、部屋干しの洗濯物を乾かすときに、ファンヒーターを使う。
  3. 乾かす物がないなら、外に向けて付けっぱなしにして完全に使い切る。

※余るかな?と思ったらちょっとでも寒い時期にストーブで贅沢に使い切ってしまう方法をお勧めします。(余った灯油の活用方法って意外と少ないんです。)

灯油の処分方法

1.今年はもう使わない。と思ったら、お知合いの方、ご近所さんで、石油給湯器でお風呂を沸かしているお宅に譲る方法もあります。そのお宅では年間通して灯油を使うのできっと喜んで頂けますよ。

2.余った灯油はお近くのガソリンスタンドや販売店で引き取りサービスをしている所もありますので一度お問合せしてみる事をお勧めします。

※新聞紙、ボロ布等にしみこませて、上から濡れた新聞紙などで包んで燃えるゴミで出す事もできるという方もおられますが、灯油は危険物ですので、各自治体に確認して正規の処分方法を行ってください。
また、畑に穴を掘って埋めるや、トイレや排水溝へ流すといった事も、環境に悪いのでNGです。

まとめ

  1. 灯油は使い切ってしまうのがお勧め。
  2. 石油給湯器を使っている方に譲る。
  3. 販売店に引き取り依頼をする。
  4. ガソリンスタンドに引き取り依頼をする。
  5. 少量の灯油を可燃物で捨てたい時は市役所等に確認する。

余った灯油、捨てるのもったいないですよね、、。
でも、ストーブを痛める方がお金も手間もかかります。
古くなった灯油は、正しい処分方法を行ってくださいませ。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
谷名高明

谷名高明

中島商事株式会社 直販課の谷名 高明です。
直接お客様のお家を回り、ガスの開栓、閉栓、機器等の調子をお伺い、前職では店舗勤務を行っており、直接お客様に接する事が大好きでした。
皆様にお会いできる日を楽しみにしております。
新人ならではの目線で日々情報発信をさせて頂きます!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket