公開日: 2021.11.22 - 最終更新日:2021.11.20

11月19日の月食について

井下誠一朗井下誠一朗
  • シェア
  • twitter

こんにちは!中島商事の井下です。11月19日に月食があったことは皆さんの記憶に新しいと思います。皆さんは見逃さずに見ることが出来ましたか?今回は、月食についてのあれこれを紹介していきたいと思います!

月食の起こり方


月食は、太陽-地球-月と並び、地球の影が月にかかることで起こります。地球の影が完全に月をおおうと皆既月食、一部だけおおうと部分月食になります。今回の月食は「ほぼ皆既」の部分月食でした。
参照:月食とは 国立天文台

今回の皆既月食


今回の月食は、上でも書きましたが皆既日食に近い部分月食という形でした。私は月食を見た時に「これが皆既月食か~」と思いましたが部分月食だったのですね。次回に今回同様の月食が観測できるのは2086年11月とのことです。また、次回日本で観測できる月食は来年の2022年11月8日となっています。
※太陽は絶対に直視しないでください!
参照:140年ぶり!ふか~い部分月食

まとめ

今回同様の皆既月食を観測することができるのが約65年後ということで、とてつもない期間が開くのだなと感じました。今回月食が見られなかった方は、次回はぜひ見逃さないようにしてください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
井下誠一朗

井下誠一朗

中島商事でウォーターネットの営業と配達を行っている井下です。丁寧な接客を心掛けながらお客様とお会いしております。休日は、主に日帰り旅行に行ったり漫画を読んで過ごしています。ブログを通じてお客様にとって役立つ情報を発信していきます。