公開日: 2019.02.09 - 最終更新日:2019.05.28

防草シートの施工ならベンリーにお任せ!デュポン社のザバーン240がお勧め!

谷名高明谷名高明
  • シェア
  • twitter

みなさまこんにちは☆これから暖かい季節に向かいます!でも、、、嬉しい事ばかりではないんです。

毎年春から夏にかけては週末草抜きをしている方も多いのではないでしょうか?今回は防草シートを施工するメリット、デメリットをご紹介致します。

①なぜ防草シートがいるの?砂利ではダメなの?

残念ながら砂利では雑草を防ぐ事ができません。庭に撒いた砂利は徐々に土に入り込んでいき年々草が生えやすくなってくるんです。ちなみに築2年の友人宅では春になると旦那さんが毎週草抜きを行っているそうです…。

②防草シートのメリット

ズバリ草抜きの必要がなくなります!また、透湿性はあるので水たまりになる事もありません。防草シートの上に砂利を引く場合は砂利が土に入り込まなくなります。ここまでいい事ばかりですが、デメリットも気になりますよね☆

しいて挙げるなら、①見た目が気に入らない場合がある ②施工が大変 ③いずれ取替が必要

上記3点でしょうか。

③どんな防草シートが良いの?

ホームセンターで探してみると意外とたくさんある防草シートの種類。ホームセンターがオリジナルで出していたりもします。価格の幅が大きいので安いのを選んでしまいがちですが、スギナなどの貫通力の高い雑草は要注意です。生地が薄いものだと防草シート関係なしで生えてきたりします!!また施工にある程度時間もかかりますので持ちの良いものを選ぶ事をお勧めします。

お勧めできるのは「デュポン社のザバーン240」になります。むき出しの施工でも10年、砂利の下であれば更に長持ち。水はけも良く、業者からの支持も高い商品になります。

まとめ

広さにもよりますが防草シートの施工はかなりの重労働ですが、ちょこちょこ草むしりをする時間がない方や除草剤を使いたくない方には安全でお勧めできます。

中島商事のグループ会社に、ベンリー近江八幡店があります。エアコンクリーニング、お掃除、ハチの巣駆除などお客様に代わりプロの技術で施工します。その多岐に渡る業務の中に防草シート施工もあるんです(^^♪お見積りは無料になってますので興味がおありのかたはぜひ、ベンリー近江八幡店へお問い合わせくださいませー☆

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
谷名高明

谷名高明

中島商事株式会社 直販課の谷名 高明です。
直接お客様のお家を回り、ガスの開栓、閉栓、機器等の調子をお伺い、前職では店舗勤務を行っており、直接お客様に接する事が大好きでした。
皆様にお会いできる日を楽しみにしております。
新人ならではの目線で日々情報発信をさせて頂きます!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket