公開日: 2019.09.24 - 最終更新日:2019.09.21

台風が来る前に知っておきたいこと

野口晴菜野口晴菜
  • シェア
  • twitter

こんにちは!大阪ガスサービスショップナカジマで受付をしている野口です。最近の夜は涼しくなってきており、扇風機も回さないでも良いぐらいの季節になってきました。しかし台風が発生しやすい季節になり台風に気をつける季節にもなってきました。昨年では台風の影響で関西国際空港の連絡橋にタンカーが激突すると驚く事件も起きました。そこで台風が来る前の対策と来ているときにどうするかを説明させていただきます。

なぜ台風ができるのか

台風はどの場所でどのようにできているかはご存じでしょうか。台風はざっくりいうと大きな低気圧で主に熱帯地方の海上で作られています。熱帯地方の海上では海水の温度が高く、海面が蒸発していき上昇気流が生まれます。その上昇気流の影響で周りの風が集まり、渦のような風になり大きくなりながら移動していき台風となっていきます。

台風が来る前の予防

台風は来る前の事前準備が大切です。万が一に様々な備えをしておきましょう。その中でも私はハザードマップの確認・家族と緊急連絡先や集まるところの相談・防災セットを用意することが重要だと思います。

ハザードマップの確認は避難所の確認以外にもどこが土砂崩れの恐れがあるかわかるので、避難する道も確認することができます。ハザードマップは市役所やインターネットで確認することができます。

家族と緊急連絡先や集まるところの相談は家族の安全確認をとるために重要です。緊急連絡先は災害用伝言ダイヤルや災害用伝言板を利用し、どのサービスを使うかの相談をすると良いと思います。

防災セットの準備は災害の時に一番役に立ちますので、一人一つの防災セットを用意しましょう。防災セットは食料品・医薬品・衣類・日常品・貴重品をカバンに入れましょう。他にも携帯のモバイルバッテリー・ヘルメット・軍手など使いそうなものも入れることをおススメします。しかし、荷物の入れすぎはいざという時に重くて持てないことやバックが引っかかる場合もあります。なので、持つ人が実際に動ける大きさにしておきましょう。また置く場所は玄関においておけば逃げる時に一緒に持ち出して逃げることができおススメです。

台風が来ている中の予防

台風が来ているときの外出は控え、家の中で台風についての情報を確認することが大切です。台風が来ている中で外出すると飛んでくるものにぶつかることや、土砂崩れや川の氾濫に巻き込まれる恐れがあります。また、高い場所で作業をすると転落の危険性があります。もしどうしても外出しないといけない場合は土砂崩れが起きそうな場所や水辺の近くにはいかないように気をつけましょう。

台風の情報確認で一番気をつけることは住んでいる地域の近くに警報や避難勧告は出ていないかです。もし出ているときは早めの避難をし、安全な道で避難所まで向かいましょう。

大阪ガスでは災害グッズを販売しており、カバンを含めた防災グッズが標準セット月々550円、お手軽セット月々330円で揃えることができます。またこのサービスでは消費期限を迎える前に商品をお取替えするサービスもありますので、保存食や水はもちろん忘れがちな消毒タオルやカイロなども取り換えることができるのでとても安心です。もし、興味がありましたら大阪ガスサービスショップナカジマにお電話ください。

避難グッズまもリュックについての詳しい説明はこちら

https://home.osakagas.co.jp/search_buy/sumikata/anshinanzen/ruck/index.html

まとめ

毎年のように上陸してくる台風は危険なもので、命を落としてしまう危険もあります。しかし、自然災害自体は止めることはできません。ですが、自分の身を守ることは誰にでもできることです。台風が来る前に様々な対策をとり、実際に来たときは落ち着いて安全な行動をとり自分の身を守ってくださいね。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
野口晴菜

野口晴菜

大阪ガスサービスショップ ナカジマで主に、受付業務をしています。休日は料理をしたりぽっちゃり猫に癒されながらのんびりと過ごしています。調理師の経験を元にガスを使ったキッチンスタイルや、美味しいお店、ちょっとしたお役立ち情報など発信いたします。お客様のニーズに素早く応えられるよう、日々勉強頑張ります!