公開日: 2020.07.03 - 最終更新日:2020.06.25

日焼け対策には“目”も重要!紫外線を防ぎましょう

糸井晴香糸井晴香
  • シェア
  • twitter

こんにちは!大阪ガスサービスショップナカジマの糸井です。夏になり、だんだんと日差しが強くなってきましたね。みなさんは紫外線対策はしていますか?日焼け止めもこまめに塗って完璧!という方、1つ大事なところをお忘れじゃありませんか?今回は実は日焼けの原因になる“目”についてお話ししていきます。

目だって日焼けするんです

日差しの強い日に何の対策もせずに外出すると目も日焼けしていきます。多くの紫外線を浴びることは、重大な病気にもつながりかねません。慢性的に強い紫外線を浴び続けると充血やドライアイなどの原因になります。

更に紫外線が要因になる目の病気の中には、白内障や翼状片といった視力の低下や失明に至る可能性のあるものもありますので注意するに越したことはありません。

目から入った紫外線で肌も日焼けする!?

目にとっても紫外線が有害であることは知っている方も多いかもしれません。しかしそれだけで終わらないんです。なんとどれだけこまめに肌に日焼け止めを塗っていようと目から入る紫外線を防がないと肌が黒くなってしまいます!

目に紫外線が入ると脳に伝わります。すると脳からは体を守るためにメラニンを作れという指示が発せられることになるのです。もちろんメラニンが作られることが体に悪いわけではありません。皮膚が過剰に光線を吸収することを防ぐ働きがあり、皮膚がんを防ぎます。そうはいっても日焼けやシミはいや、という方も多いかと思います。白い肌を保つためには肌だけではなく目も紫外線から守る必要がありますね。

紫外線を防ぐためには

日焼け止めを塗ることができない目をどうやって守るのかというと、やはり一番効果的なのはサングラスをかけることです。ただサングラスであれば何でも大丈夫という訳ではありません。黒いだけのレンズは日光の眩しさは軽減できますが、紫外線は防げません。必ずUVカットレンズと記載のあるものを使う必要があります。UVカット率が高い、もしくは紫外線透過率が低いものを選ぶといいでしょう。

そしてきちんと目を覆うことのできる、自分の顔にフィットするものを選びましょう。
それでも隙間から紫外線が侵入してきますので、つばの広い帽子も併用すれば完璧です。
ただ今の時期、マスクもしているかと思いますので、不審者と間違われないように気を付けていきたいですね!

紫外線を浴びたらケアしましょう

とはいえ野外での仕事などで常にサングラスをかけるのは難しいという方もいるかと思います。強い紫外線を長時間浴びてしまった際にはきちんとケアをすることが大切です。紫外線による炎症を抑える効果のある目薬を点眼しましょう。そして緑黄色野菜を摂ることも忘れないようにしましょう。目のダメージを緩和することのできる「ルテイン」、「ビタミン」を摂取することができます。

最後に

日焼けを防ぐために目を守る、ということは意外と重要なんです。晴れた日中に外で活動する際はできる限り紫外線を防いでいきましょう。サングラスをかけるのが一番効果的ですが、色つきのサングラスに抵抗があってかけられないという方もご安心ください!色なしのクリアレンズタイプを販売しているところもございます。眩しさは防げませんが、紫外線はこれで防ぐことが可能です。今年の夏からは万全の対策で日焼け知らずの白い肌を手に入れましょう!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
糸井晴香

糸井晴香

大阪ガスサービスショップナカジマ営業チーム、住まいる+隊(スマイルプラス隊)の糸井です。普段はナカジマのサービス向上のために彦根・長浜・能登川の都市ガス地域のお客さまのお声を伺う業務を行っています。ライブに行ったり友人とランチに行くのが趣味ですが、家でゆっくりする時間も欠かせません!笑 皆様のお役にたてるよう頑張ります!