公開日: 2022.03.02 - 最終更新日:2022.03.01

2022年の花粉はどうなの? 傾向と花粉症対策

安井 航希安井 航希
  • シェア
  • twitter

こんにちは。3月になってもまだまだ肌寒い日が続いていますが、この時期から「花粉症」に悩まされる人は少なくないのではないでしょうか。
そこで、今回は2022年の花粉予測と花粉症対策について見ていきたいと思います。

花粉の飛散時期とピーク

花粉症の代表的なものといえば、「スギ花粉」だと思います。2022年のスギ花粉は2月9日~14日にかけて九州地方で飛散が始まり、大阪でも2月下旬から飛散開始の予測がされていました。ただ、2月の寒波の影響でスギ花粉飛散の時期が例年よりも遅れている傾向にあると言われています。
スギ花粉飛散のピークは大阪で3月上旬から中旬と予測されていますので、滋賀県でもちょうど今ぐらいの時期がピークと言えるでしょう。

花粉の飛散量

 例年比で見ていくと、九州や北陸、関東では例年並みと予測されていますが、関西や東海などでは例年よりも少ない飛散量が見込まれています。また、前年比で見ても、関西は飛散量が少ない見込みとなっているので、比較的安心できる春なのではないでしょうか。
花粉の飛散量は前年夏の気象条件が大きく関係してきます。高気温で日照時間が長く、雨が少ない夏の場合、翌春の花粉飛散量が増えると言われています。

(参考元:2022年 春の花粉飛散予測

簡単な花粉症対策

外出を極力控える、帰宅時には手洗い・うがいを実施する等が基本的な花粉症対策として挙げられます。花粉症の解消法を紹介した記事がありますので、こちらを参考にして対策してみてください。

花粉症の症状がひどいときのちょっとした解消法!

まとめ

花粉症は国民病と言われるほど身近な病気で、僕自身以前から気になっていました。今回調べてみて、花粉の飛散量が前年夏の気象条件によって左右される事を初めて知ることができました。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
安井 航希

安井 航希

中島商事株式会社の安井です。
八日市・蒲生エリアを中心にガスの開閉栓や機器販売を行っています。
皆様のちょっとしたお困りごとを解決できるような情報をお届けします!