公開日: 2021.04.02 - 最終更新日:2021.03.30

【驚愕】4人に1人が経験する5月病ってどんな病気?

茂森光司茂森光司
  • シェア
  • twitter

こんにちは大阪ガスサービスショップナカジマの茂森です。4月に差し掛かってきて暖かくなってきましたね。5月も間近なのでこの時期にかかる方が多い5月病についてご説明させていただきますね。

5月病って何?

ゴールデンウィーク明けに学校や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、授業や仕事に集中できないなどの状態を「五月病」と呼びます。新社会人の方に多く見られ最近では転勤や転職、部署移動など環境が変わる方も増加してきております。症状としては、無気力になったり不安感が強くなることが多くなります。また、胃痛や食欲不振、頭痛、めまい、不眠などが起こることもあります。                       参考:それって5月病なの?

こんな人は要注意‼

環境が大きく変わったことで周りにうまくなじめないという人は、ストレスを溜め込みやすく5月病になりやすいので注意が必要です。また、性格的に几帳面で真面目、責任感がある方も5月病になりやすく、一人で抱え込まないで周りの人に協力を求めるようにすることが大事です。

予防のポイント

・趣味に打ち込む

・運動をする

・体のリズムを整える

・悩みを打ち明ける

・食事を変える
食事面では、サツマイモ・イワシ・雑穀入りの白米を多く摂ると予防につながります。また、乳製品や大豆製品も予防になるので、プラスで献立に入れてみてはいかがでしょうか!

             参考:環境の変化が引き起こす5月病とは?

最後に

5月病はどのような人でもなる可能性がありますので、日頃から適度な運動などを心掛け、体のリズムを整えることが大切です。新しい生活がスタートする人も多いと思いますが、ストレスをため込みすぎないようにしましょう!

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
茂森光司

茂森光司

大阪ガスサービスショップナカジマ営業チームの茂森です。主に彦根、長浜地区にお住いのお客様にガス機器の販売やガスを開ける作業の業務を行っています。休日は主にバス釣りや車で色々な所へドライブして過ごしています。お出かけしてよかったスポットや普段考えもしない意外な豆知識を皆様に発信していきたいです。