公開日: 2019.06.27 - 最終更新日:2019.06.27

熱中症になってしまったら~熱中症の症状と対処法まとめ

永田英也永田英也
  • シェア
  • twitter

弊社が取り扱っているミネラルウォーター宅配サービス「ウォーターネット」は、環境省とコラボしている『熱中症予防声掛けプロジェクト』の賛同会員になっています。また、来たる7月からの1ヶ月間を熱中症予防強化月間とし、熱中症予防の啓蒙活動を行っています。前回のブログ記事を見て皆様も熱中症予防を実践してください。今回のブログでは、熱中症の症状と熱中症になってしまった場合の対処法をご紹介します。

1.熱中症の症状とその対処法

熱中症の症状は、「具体的な治療の必要性」の観点から重症度がⅠ度・Ⅱ度・Ⅲ度に分類されています。

Ⅰ度…現場での応急処置で対応できる軽症
【症状】めまい・立ちくらみ・筋肉のこむら返り・汗を拭いても拭いても出てくる等
【対処法】涼しい場所に避難する・衣服をゆるめて体を冷やす・水分塩分を補給する

Ⅱ度…病院への搬送を必要とする中等症
【症状】頭痛・吐き気がする・からだがだるい(倦怠感)
【対処法】涼しい場所に避難する・衣服をゆるめて体を冷やす・水分塩分を補給する・足を高くして休む・自分で摂れなければ病院へ

Ⅲ度…入院して集中治療の必要のある重症
【症状】意識がない・痙攣がする・まっすぐ歩けない・体温が高い
【対処法】氷や水で冷やす(首・脇の下・足の付け根等)・すぐに救急車を要請

2.熱中症の応急処置のフロー

【チェック1】熱中症を疑う症状(めまい・筋肉痛・大量の発汗・頭痛・吐き気・嘔吐・倦怠感・虚脱感・痙攣・高体温)があるか?
Yes→チェック2へ

【チェック2】 呼びかけに応えるか?
Yes→涼しい場所へ避難し、衣服をゆるめて体を冷やす→チェック3へ
No→救急車を呼び、医療機関へ

【チェック3】 水分を自力で摂取できるか?
Yes→水分・塩分を補給する→チェック4へ
No→医療機関へ

【チェック4】 症状がよくなっているか?
Yes→そのまま安静にして十分な休息を取り、回復してら帰宅する
No→医療機関へ

3.最後に

今回は熱中症の症状となってしまった場合の対象法をご紹介しましたが、熱中症になりそのまま亡くなってしまう方も毎年見受けられます。熱中症になった場合の対処法を知ることは大切ですが、熱中症にかからないように熱中症対策・熱中症予防をすることがより大切になります。
弊社中島商事のミネラルウォーター宅配サービス「ウォーターネット」では、いつでも冷たいお水を飲むことが出来ます。自宅にウォーターサーバーがあればちょっとした水分補給を行うのにとても便利で、室内での熱中症予防になります。12リットルのお水が無料で使えるお試しも行っております。今なら「夏のキャンペーン」を実施中で、お試しのあとご契約のときにはお水のサービスがありますし、またカルピスのサービスもありお得になっております。まだウォーターサーバーを利用したことのない方はぜひご検討ください。

The following two tabs change content below.
永田英也

永田英也

水宅配サービス『ウォーターネット』の営業および配達をしています。
ウォーターネットの本部で働いていた経験を活かして、豊富な知識でウォーターネットの良さを地域のみなさまにお伝えします。
「食」に関する小ネタや「地域」の小ネタを中心にアップしていきます!