公開日: 2019.03.14 - 最終更新日:2019.03.11

花粉が飛び散る時期に空気清浄機いかがでしょうか?

山梶正幸山梶正幸
  • シェア
  • twitter

今年の冬は雪もさほど降らず意外と過ごしやすくて、雪のせいで交通がマヒすることがなかったのでホッとしていた方もいるのではないかと思います。
そして春、暖かくてもっと過ごしやすくなり、お日様が気持ちよくお弁当を持ってどこかへ出かけたくなる時期がきます。
ただ花粉症の人にとっては地獄の日々がつづくからあまり喜んでいられない方も多いのではないでしょうか。
せめて家の中では快適に過ごしたい方必見で、おすすめ商品があります。ダイキンの空気清浄機です。

ダイキンストリーマ付き空気清浄機

ダイキンの空気清浄機は沢山のラインナップがあります。
ダイキン製のこだわりはストリーマ付きです。エアコンでもお馴染みのストリーマが空気清浄機にもついてます。
ストリーマって何?ってご存知ない方もいらっしゃると思います。ストリーマはストリーマ放電から発生する高速電子は、空気中の酸素や窒素と合体することで、強力な酸化分解力をもった活性種に変化します。
なのでこの活性種がカビやダニ(フン・死骸)、花粉などのアレル物質やホルムアルデヒドなどの有害化学物質を除去します。
除去するもので、インフルエンザウイルスの除去もしてくれます。RSウイルスにも効果的です。
もうすぐ春だからといってもまだまだインフルエンザウイルスが活動する時期です。インフルエンザ予防にもとても助かります。

MCK70V加湿器付き空気清浄機

沢山のラインナップの中からMCK70Vをご紹介します。ツインストリーマとTAFUフィルタを搭載したハイグレードモデルです。
ツインストリーマ搭載なので脱臭性能2倍!!そのおかげで有害ガスの分解が2倍になり、より安心快適に過ごせるようになります。

飛び出す・吸い込む・つかまえる・分解する空気清浄機

飛び出す

アクティブプラズマイオンが飛び出す。アクティブプラズマイオンとは何か?カタカナばかり並んで何かには効きそうだけど、知っている方は少ないのではないかと思います。
アクティブプラズマイオンはプラズマ放電によりイオンを空気中に放出し、空気の成分と合体して、酸化力の強いOHラジカルなどの活性種を生成。浮遊するカビ菌やアレル物質などの表面に付着し、空気中でタンパク質を酸化分解することができる技術です。

吸い込む

三方向吸引で臭いや汚れ菌などの物質をパワフルに吸込みます。

つかまえる

TAFUフィルターにて微小な粒子を逃がしません。除去率99.9%撥水・撥油効果の高い素材を使用したフィルターを採用。
汚れが広がりにくく、静電力が落ちにくいのが特長です。だから除去率99.9%10年間フィルター交換が必要ありません

分解する

ストリーマ機能で分解します。この分解機能は100,000℃の熱エネルギーに匹敵する分解力です。高温になるわけではないのでお間違えないようお願いします。

空気清浄機と加湿器

最近ではいろいろな役割の家電製品が出回ってますが、あれもこれも購入していると置き場やシーズンものならシーズンオフ時は片付けも必要になります。
でも、ご紹介しているMCK70Vは加湿器機能も搭載されているので2機能を1台にてご使用していただけます。
たっぷりの加湿650mlで、加湿しても空気清浄機機能は低下しません。加湿フィルターもストリーマで除菌するのでいつでも清潔にご利用していただけます。
除菌するのはフィルターだけではなく加湿する水も除菌してくれます。
水トレーは定期的なお手入れが必要ですが、加湿する水も除菌してくれるのはほんとうにうれしいですね。ただ水道水を必ず使用してもらう条件があるのでご注意ください。

最後に

他にも便利な点がありますが、一番オススメポイントをご紹介させていただきました。
今花粉症でない方も、突然なってしまったり、敏感肌や過敏症鼻炎の方、様々な方がいらっしゃると思います。そういった症状がない方も、昨今ではPM2.5やインフルエンザなど身の回りには目に見えない菌などが潜んでいます。そういった予防策としてこういった商品はいかがでしょうか?
当店には見本はございませんが取り扱っている商品です、ご不明な点、ご購入をご検討される際はお気軽にお問い合わせください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
山梶正幸

山梶正幸

中島商事株式会社 工事課の山梶です。
普段の業務は、お客様宅のガス・石油機器等の取付・取替と、それに伴う給水・給湯・ガス配管工事などをしております。お客様に満足いただける仕上がりを心掛けています。
今までの経験と知識で皆様のお役に立てる情報を発信していきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket