公開日: 2018.12.17 - 最終更新日:2018.12.14

コンロのお手入れ、なるべく楽にやりたい!たまにはしっかりもやりたい!

掛谷昌広掛谷昌広
  • シェア
  • twitter

ガス機器の点検などでお客様のお宅に訪問したときに、お客様が質問されることの中でとてもよく伺うのが「コンロ掃除のやり方」です。私もそうですが、できれば家にあるもので楽に済ませたいですよね。

コンロ掃除は大きく分けて、火がついているバーナーやゴトク部分、天板部分、グリル部分の3つに分かれると思いますが、今回はバーナーやゴトク部分のお掃除について、お家で手軽にできる方法と、少し念入りにする方法をいくつかご紹介させて頂きます。

 ゴトクの汚れ

吹きこぼれなどがゴトクに落ちて、火の熱で黒くこびりついた汚れを取りたい場合、ゴトクをしばらく中性洗剤入りのぬるま湯につけておき、その後でスポンジなどでこすり落とせば大体綺麗になると思います。

それでも落ちない頑固な汚れの場合は、お湯の中に中性洗剤を入れ、その中で漬け置きすると効果が出ます。さらに頑固な汚れの場合はお鍋に水、重曹を入れ、ゴトクも入れた後に煮沸します。しばらく沸かしたあと、1~2時間放置した後にスポンジで汚れを落としてあげてください。

 バーナーは使い古した歯ブラシで

グリルや天板はよくお掃除される方でも、意外とバーナーのお掃除をされている方って少ないように思いますがいかがでしょうか。実は吹きこぼれによってバーナーにも少しずつ汚れはついて行っているんです。

バーナーの汚れは使い古した歯ブラシを使って、優しくこすってあげてください。意外と黒いススのようなものが取れたりします。表面の汚れはキッチンペーパーや柔らかい布に中性洗剤をしみこませて拭き取ってあげてください。

いかがでしょうか。少しでもコンロ掃除のお役に立てればと思います。冒頭にご説明した、天板のお掃除、グリルのお掃除については後日ご紹介させて頂く予定です。
また、お掃除やそれ以外のお悩みがありましたら、お気軽に弊社までご連絡ください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
掛谷昌広

掛谷昌広

溶材課の掛谷です。
製造業、運送業等のお客様を担当させて頂いており、一般高圧ガスや機械工具等を取り扱っています。
こどもが今更、星野源の「恋」ダンスをすごくとっちらかって踊るのを見て過ごしています。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket