公開日: 2022.02.09 - 最終更新日:2022.02.04

カフェインはどのくらい摂取するとだめなの?

茂森光司茂森光司
  • シェア
  • twitter

こんにちは、大阪ガスサービスショップナカジマの茂森です。カフェインは眠気覚ましなどにすごく良いですが、実は摂取しすぎると体に良くないことは皆さんご存じですか。今回は、カフェインをどのくらい摂取するとだめなのかご説明させていただきます。

そもそもカフェインって何?

カフェインとは、興奮作用を持ち、世界で最も広く使われている精神刺激薬です。また、頭がスッキ リしたり、眠気が覚めたりする食品の成分の一つで、コーヒーやお茶、チョコレートやココアにも少しだけ含まれています。

カフェインの致死量とは?

健康を維持するために望ましいカフェイン摂取量は1日当たりですと、カフェイン400mg未満、1回あたりではカフェイン200mgとされています。200mgを量でいうとコーヒーですと3~4杯、紅茶ですと、6~7杯となっております。また、エナジードリンクは一回の摂取で140mgを超えるものもあります。致死量は個人差が非常に大きく一概には言えませんが、一般的には5000mg~10000mgと言われています。なかなか5000mgまでは届かないと思いますが、エナジードリンクなどを飲みすぎると、一日当たりの摂取量を簡単に超えてしまうので注意が必要です。

実は身近過ぎる薬物中毒

カフェイン中毒になるとどうなるの?

主な症状としては

・吐き気、嘔吐
・手足のしびれ
・動悸
・悪寒
・意識消失
・心肺停止

などの症状が見られます。死亡するということはなかなかないですが、それでも体に何かしらの異常が出るので危険です。

最後に

私も、仕事をするときに眠気覚ましでエナジードリンクを1日2~3本は飲んでしまうので気を付けようと思いました。皆さんもカフェインを摂取するときは十分に気を付けてください。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
茂森光司

茂森光司

大阪ガスサービスショップナカジマ営業チームの茂森です。主に彦根、長浜地区にお住いのお客様にガス機器の販売やガスを開ける作業の業務を行っています。休日は主にバス釣りや車で色々な所へドライブして過ごしています。お出かけしてよかったスポットや普段考えもしない意外な豆知識を皆様に発信していきたいです。