公開日: 2020.06.22 - 最終更新日:2020.06.22

紅葉で有名な永源寺地区にある、手づくりのこんにゃく屋さん「岡本こんにゃく本舗」さん

掛谷昌広掛谷昌広
  • シェア
  • twitter

滋賀県湖東地域で紅葉といえば湖東三山と永源寺が有名ですが、今日は永源寺地区で味の染み込み方がものすごく、とてもおいしい手づくりこんにゃくを製造販売しておられる、「岡本こんにゃく本舗」さんをご紹介させて頂きます。

永源寺地区にある手づくりこんにゃく屋さん

永源寺と言えば冒頭にもご紹介したように紅葉で有名ですが、こんにゃくはこの永源寺地区の名物でもあり、普段使いとしてもお土産としても人気の商品です。

岡本こんにゃく本舗さんはこの永源寺地区で昭和初期に創業され、原材料にこだわった手づくりのこんにゃくを製造、販売しておられます。

店舗での直売をはじめ、滋賀県内のスーパーマーケット等でも販売されており、滋賀県にお住いの方なら一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

とにかく味のしみ込み方がすごい

岡本こんにゃく本舗さんで作っておられるこんにゃくの特徴は、「とにかく味のしみこみ方がすごい」です。おでん等の煮物にすると、他の市販のものと比べものにならないくらいに味がよくしみ込むんです。

以前、弊社のお取引先のベテラン主婦の方にお料理のお話しを聞いていた時にも、

「あそこのこんにゃくは他のとは全然違う。」

とおっしゃっていたのをよく覚えています。

製法やこだわりは岡本こんにゃくさんのホームページに記載されていますが、実際に食べている私の感想としては、市販のよくあるギュッと身が詰まった食感ではなく、こんにゃくの中に小さな空間がたくさんあって、独特の歯ごたえと食感がある「しみしみぷりぷりこんにゃく」という感じです。

さしみこんにゃくもおいしい

岡本こんにゃく本舗さんでは色々な種類のこんにゃくを製造販売されていますが、私のオススメは「さしみこんにゃく」です。

さしみこんにゃくも数種類作っておられますが、

一押しは青のりの入った「さしみこんにゃく(青のり)」です。

先に書いたこんにゃくの独特の食感に加えて、口に含んだ瞬間に青のりの香りが広がり、本当にお酒がススミます。こんにゃくというヘルシー食材をおつまみにしている、ということで食べすぎる罪悪感もなく、本当にオススメです。

煮込んでよし、さしみでもよし。

他にも様々な種類のこんにゃくを製造販売しておられます。店舗での販売はもちろん、お取り寄せも可能ですのでぜひ岡本こんにゃく本舗さんのホームページもチェックしてみてください。

(有)岡本こんにゃく本舗

住所:〒527-0212

滋賀県東近江市永源寺高野町328

電話番号:0748-27-0129

ファックス:0748-27-2027

営業時間:AM 9:00 ~ PM 5:00

定休日:不定休

参考URL:http://www.okamoto-konnyaku.com/

岡本こんにゃく本舗さんホームページ

※以前に投稿したブログもよければご覧下さい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

新型コロナウィルス予防のための消毒液は何が効く?台所用中性洗剤で対策できる。(文章追加版)

湖岸道路(さざなみ街道)、道路上に引いてある青い線の意味

中島商事株式会社

〒529-1404 滋賀県東近江市宮荘町61−5

TEL:0748-48-2301

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
掛谷昌広

掛谷昌広

溶材課の掛谷です。
製造業、運送業等のお客様を担当させて頂いており、一般高圧ガスや機械工具等を取り扱っています。
こどもに英語の発音を教えたりするのですが、教え方が悪いのか「絵本」のことを「えフォン」と呼びます。Fの発音は綺麗なのですが、複雑な気持ちです。