公開日: 2020.05.14 - 最終更新日:2020.05.15

マスク熱中症にご注意を~水分補給の大切さ~

永田英也永田英也
  • シェア
  • twitter

新型コロナウイルス感染症拡大に伴う緊急事態宣言が全国に発令されてから1ヶ月以上が経ち、ここ最近滋賀県では新規感染者の増加率が減少傾向にありますが、まだまだ予断は許されず、マスクを外せない日々が続いています。
マスクを付けて生活する習慣が当たり前になっていて、その習慣に慣れてきた方も多くいると思いますが、暑い季節にマスクをすることはあまり経験がないと思います。インフルエンザが流行する季節は冬場ですし、主にスギやヒノキの花粉が飛び交う花粉症の季節は春になります。
ゴールデンウィーク以降暑さが上昇してきており、日中は30度に迫る日がこれから更に増えてくるでしょう。この暑さでもマスクをしないで外出することは、コロナウイルス感染のリスクが高まりますが、暑い中でマスクをすることによって【マスク熱中症】になる危険性があります。
今回はこのマスク熱中症についてご紹介します。

1.マスク熱中症とは

①放熱の妨げ
マスクをすると顔の半分を覆うことになりますが、顔の表面(皮膚)を覆っていることで放熱を十分に行うことが出来なくなってしまいます。これからの暑い季節は顔からも汗をかきますが、汗が蒸発する時の気化熱が体温を下げる機能を果たしています。マスクをすることでこの放熱の機能が低下してしまいます。

②のどの渇きを感じにくい
マスクをすると呼気によって、マスク内の湿度が保たれて冬場では乾燥を防ぐメリットがあります。しかし暑い時期に限ってはこのマスク内の湿度がのどの渇きを感じにくくしてしまいます。のどの渇きを感じにくいことで水分補給の遅れにつながり脱水症状を引き起こしてしまいます。

2.マスク熱中症を防ぐには

一番の対策はこまめな水分補給です。のどの渇きを感じる時にはすでに脱水症状が始まっていますので、のどの渇きを感じる前に水分補給を行うことが大切です。のどの渇きを感じる前に水分補給を行うのはかなり意識していないと出来ないので、30分置きに水分補給を行うなどある程度の決め事をすることが大切です。
外出先でも簡単に水分補給を行うには「携帯ステンレスマグボトル」が最適です。保冷機能のある携帯ステンレスマグボトルでは、冷たい水を外出先でいつでも飲むことが出来るため、こまめな水分補給を行うことが出来ます。

3.携帯ステンレスマグボトルがもらえるキャンペーン

今なら中島商事のウォーターサーバー『ウォーターネット』をご契約いただきますとご契約者様全員にもれなく「携帯ステンレスマグボトル」がもらえます。ご自宅のウォーターサーバーのミネラルウォーターを携帯ステンレスマグボトルに入れて持ち出すことで、外出先でいつでも冷たくて美味しいミネラルウォーターを飲むことが出来ます。
今なら無料お試しで12リットルのミネラルウォーターが1本ご利用いただけます。お試し後のご契約の際にはご紹介した携帯ステンレスマグボトルだけでなく、ミネラルウォーター2本が無料で付いてきます。
お得なこの機会にぜひ中島商事のウォーターサーバー『ウォーターネット』をご利用してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちらから↓↓↓

キャンペーン内容

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
永田英也

永田英也

水宅配サービス『ウォーターネット』の営業および配達をしています。
ウォーターネットの本部で働いていた経験を活かして、豊富な知識でウォーターネットの良さを地域のみなさまにお伝えします。
「食」に関する小ネタや「地域」の小ネタを中心にアップしていきます!