公開日: 2018.11.26 - 最終更新日:2018.11.22

LCCに乗ってみませんか?

佐藤英明佐藤英明
  • シェア
  • twitter

 

一年中どこかに移動していないと気が済まない佐藤です。
皆さんも一度ぐらい「LCC」っていう言葉をお聞きになったことがあると思います。
そう、俗に言う格安航空会社のことですね。
私もここ10年程よく利用させてもらっているのですが、先日もまた乗る機会がありましたので、ちょっとお客様目線でご紹介。

 LCCって何者?

もう何年も前から、飛行機の話題ではよく聞く 「LCC」。
ロー・コスト・キャリア の略で、つまり格安航空会社ということです。
よくインターネットの広告等で出ているのを見てみても、「大阪⇔沖縄 4980円!」とか出てますよね。
通常国内では以前からよく利用されているJALやANAでは考えられない価格です。
こういう格安航空会社では人件費や使用機材・場所等を工夫してコスト削減を果たし、航空券の価格を抑えることに成功しています。

 本当に安い?

はい、本当に安いです。
経験上、お正月やゴールデンウィーク、お盆休み等でも早めに予約すると大阪から北海道や九州、さらに韓国や中国、台湾までも片道15000円ぐらいで行けます。
もちろん連休でもない普通の日でしたら、片道5000円ぐらいの価格設定も豊富にあります。

 便利なこと不便なこと

便利なことは、簡単にネット予約できること。
空港でのチェックインもカウンターの列に並ばずに、空港に設置してある機械にスマートホンをピッとかざすだけ(JALやANAでも最近増えてきましたが)。何よりも便利?なのは財布にやさしいので行動範囲が広がることですね。
ただ、航空会社が様々な努力をして価格を抑えている分、我々利用者が動いたり負担したりするものもあります。まず、飛行機に預ける荷物、機内持ち込みの荷物は1個無料ですが、預ける荷物は有料となります。
LCCでメジャーなピーチやジェットスターでは1個あたり片道1500円~2000円ぐらいの費用がかかります。
あと、空港の内部事情?なのかどうか分かりませんが、格安航空会社はだいたい搭乗口(乗るところ)が空港の一番端っこで歩くのに時間がかかります。行きは楽しいので気になりませんが、帰りはちょっと疲れます。
関西国際空港ではターミナルが別となり、バス(無料)で10分ぐらいかかってしまいます。この辺りはちょっと不便ですね。
さらに、座席と座席の間隔が狭い、飲み物ひとつ、毛布も有料、もちろん機内食も有料と飛行機に「乗る」以外のサービスは含まれておりません。
でも、それを差し引いても、5000円や6000円で遠方に行けることを考えたら利用しない手はないですよね!

 どこの会社がおすすめ?

私のおすすめはズバリ 「スカイマーク」 です!
まず、預ける荷物が合計20Kgまで無料!
国内線でもコーヒー1杯とキットカットが無料!(10月現在)
座席と座席との間隔がちょっと広い!
ちょっとしたことばかりですが、荷物無料は大きいですよ。他の航空会社だと例えば航空券が5000円でも荷物料金に2000円出して結局7000円になってしまいますからね。
滋賀県の周辺だと中部国際空港から各地へ飛んでいますので一度ご利用になられてはいかがでしょうか。

格安な飛行機が空を飛ぶのも、空港まで車で行くのにも燃料が必要です。
その大切な燃料を扱っているのが弊社中島商事株式会社。
中島商事株式会社ではご自宅のストーブの炎を灯す灯油から、お車のガソリン、大型重機を動かす軽油まで、様々な油燃料を取り扱っております!(飛行機の燃料は扱ってませんが 笑)

地域に根差したきめ細かい配達も行っておりますので、お困りの際は是非!

The following two tabs change content below.
佐藤英明

佐藤英明

中島商事株式会社の佐藤です。主に北方面の卸営業を担当しております。
「よく働き、よく遊べ」が自分のモットーで、生き急いでいるんじゃないかとよく言われるほどとにかく行動しております。
水と緑に囲まれた生活に憧れて滋賀県に移住してきましたが、誰よりも滋賀県を愛していると自負しております。
暮らしに役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。