公開日: 2020.03.27 - 最終更新日:2020.03.27

ガス炊飯器と電気炊飯器のメリット・デメリット

黄地桂黄地桂
  • シェア
  • twitter

こんにちは大阪ガスサービスショップナカジマです。
春になり田植えの準備をしている風景が見られるようになってきましたね。お米は日本人にとって欠かせない存在ですよね!そんなお米を毎日美味しく炊くのに必要な炊飯器。実は電気の炊飯器だけではなく、ガスの炊飯器もあることをご存知でしたでしょうか?
そこで今回は「ガス炊飯器と電気(IH)炊飯器の魅力とメリット・デメリット」をご紹介させて頂きます!

ガス炊飯器の魅力

ガス炊飯器:直火匠
電気炊飯器:直火匠と同容量の家電メーカー製品

〇ガス料金:一般料金C129.92円/㎥(税込)
〇電気料金:従量電灯A第3段32.39円/kwh(税込)
〇適用料金:ガス料金と電気料金は、それぞれ大阪ガス(都市ガス13A)と関西電力の2019円10月時点の単価。電気料金の「再生可能エネルギー発電可能エネルギー発電促進賦課金」および「再生可能エネルギーの買取価格」は2019年度時点。

大阪ガスカタログを参考にしました、詳しくは下記『大阪ガス ガス調理機器カタログ』P.89
大阪ガス ガス調理機器カタログ


ガス炊飯器はなんといっても炊き上がる時間が早いんです!その分、グラフで見てもらったように光熱費を削減することが出来ます。ガスの強火で一気にご飯を炊き上げるのでふっくら美味しいご飯が仕上がり、直火ならではの“おいしさ”が楽しめます。さらに、炊飯モードが選べるガス炊飯器もあり、「もちもち感」と「おこげ」具合がそれぞれ5段階調節もできるんです!
時短も節約もできるだけじゃなく、ガスならではの直火炊きなので、ふっくらもちもちのご飯が食べられるなんて素敵ですよね!

ガス炊飯器のメリット

♢光熱費が抑えられる
♢炊き上がり時間が短い
♢ガスならではの強い火力でお米が美味しく炊ける

デメリット

♢ガス栓が無い場合、工事が必要
♢種類が少ない

電気(IH)炊飯器の魅力

電気炊飯器は長時間保温できるだけではなく、保温時の温度調節ができる炊飯器もあり、細かな温度調節を変えることもできます。そしてなんといっても、調理モードが選択できる商品が多いです。炊飯器一つでご飯だけではなく、ケーキや煮込み料理がボタン押すだけで出来上がるのでとっても便利ですよね♪

電気炊飯器メリット

♢調理モードが選択できる
♢種類が多い
♢ガス炊飯器より長時間ご飯を保温できる

デメリット

♢ガス炊飯よりも炊けるのが遅い
♢味が劣る

まとめ

ガス炊飯器の存在を知らなかったという方も沢山おられるのではないでしょうか?
実は私も学生の頃はその一人だったのですが、今ではすっかりガス炊飯器のファンになりました!私のガス炊飯器のおすすめは「炊きわざ」です、詳しくはこちら↓

ケーキも焼ける高機能ガス炊飯器【炊きわざ】

各メリット・デメリットを押さえてご自身に合う炊飯器を選んでくださいね♪
※家庭のガスには「都市ガス13A」「LPガス」と2種類ありますので、ガス炊飯器をお買い求めの際は家庭のガスの種類を事前に確認しておくことが必要です。

お問合せはこちら
大阪ガスサービスショップナカジマ
彦根市平田町700-2
TEL:0749-27-0411

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
黄地桂

黄地桂

大阪ガスサービスショップナカジマ営業チーム、住まいる+隊(スマイルプラス隊)の黄地です。彦根・長浜・東近江地区のお客さまのもとへ、住まいに関するお困りごとやご相談を伺いに行く業務を行っています。今は、甥っ子の『もうちゃん』に夢中で、暇さえあれば写真を眺めて、可愛さに癒されています。皆様のよき相談相手となれるよう、笑顔いっぱい頑張ります!!
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket