公開日: 2019.01.28 - 最終更新日:2019.01.28

北雪と南雪

佐藤英明佐藤英明
  • シェア
  • twitter

よく「今日は北雪だね~」とか「南雪だね~」とか、ここ滋賀県の湖東地域では言われることがあります。
いったいどういった基準でみなさんが使われている言葉でしょうか。

北と南の基準

これはお話する方が住んでる地域にもよりますね。
弊社、中島商事は東近江市五個荘地域にありますので、漠然と「北」とは会社から北、「南」とは会社から南といった感じでしょうか。
ただ、滋賀県湖東地域では、彦根市から北と八日市から南で分ける方、犬上川、愛知川等、川を挟んで北と南に分ける方も多いです。
明確な決まりは無いということですね。

どうして北と南で雪の降り方が分かれるのか?

基本的に西高東低の冬型の気圧配置の時は北部方面に降雪が、北から寒気が入った状態で太平洋側を低気圧が通過する場合には南部方面に降雪があると言われております。
ただし、滋賀県の場合は西高東低の冬型の気圧配置の時にでも降雪の集中が北と南に分かれる場合があります。
大まかに言いますと、風が北西方向から吹く場合は長浜から北で積もる場合が多く、風が真北から吹く場合は彦根から南で積もる場合が多いです。これは湖西の山脈や小浜・美浜・敦賀辺りの山の形状によって変わるんですよ。
それを説明させていただくと半日以上かかりそうなのでこの辺で(笑)。

「昔は屋根まで積もった」は本当か?

よくお年を召した方とお話していると、長浜から北の方では「昔はよく1階の屋根まで積もって、2階から出入りしていた」とウソ?のようなお話を聞くことが多々あります。
調べてみますと浅井町や木ノ本、もちろん余呉町の辺りでは本当だったようです。
よく考えますと、今はひと冬に2~3回しか雪の積もることがない伊吹山の麓の今は廃業しているスキー場が普通にシーズンを通して営業していたということからも、昔と比べると積雪量はかなり少なっているようです。やはり温暖化の影響でしょうか?

それにしても、昨今は雪の日が2~3日続くような時は「今シーズン一番」とか、「数年に一度の寒波」とテレビをにぎわせていますが、昔は一体どんな気圧配置が推移していたんだろう。。。と気象に興味がある私は思ってしまいます。

寒い毎日が続いておりますが、弊社では各種ガス暖房機、石油暖房機を中心に冬を乗り切るアイテムを豊富に取り扱いいたしております。ぜひ一度ご相談ください!

The following two tabs change content below.
佐藤英明

佐藤英明

中島商事株式会社の佐藤です。主に北方面の卸営業を担当しております。
「よく働き、よく遊べ」が自分のモットーで、生き急いでいるんじゃないかとよく言われるほどとにかく行動しております。
水と緑に囲まれた生活に憧れて滋賀県に移住してきましたが、誰よりも滋賀県を愛していると自負しております。
暮らしに役立つ情報を発信していきますので、よろしくお願いいたします。