公開日: 2018.11.29 - 最終更新日:2019.09.06

防災用品は1人1つ必要か

山梶正幸山梶正幸
  • シェア
  • twitter

防災の為にどういった備えや蓄えをどう重要視ししていくかを考える。

防災意識

みなさん防災意識は薄れていませんか?
大きな地震や台風などの災害後には防災意識は高まりますが、時間が経つと次第に薄れてくると思います。
これから冬に近づいていきますが、冬だから災害は起こらないなんて事はありません。
意識が薄れてる今だからこそもう一度意識を高めて防災用品の見直しをされてはいかがですか?
近年では被災される地域が残念ながら多くなっています。災害時に防災用品は最低限生活に役立つものと認知されてきましたが、実際に使ってみることが多くなって困ることが多くなりもっと備えておかなければならない商品が多くなっているようです。

防災用品の役割

その中で4人家族の場合、一般的な防災用品1つでは不足する可能性が高いです。
現在では防災用品は一家に一つから1人に1つという考え方が広まってきてるみたいです。また、女性の生理用品などを備えた女性専用の防災用品も続々と登場してるみたいです。
ただ、まだまだ生命に重要な最低限の商品だけに特化しているモノが多いので自分流に必要なものを加えていくのがよいそうです。
ぜひ1家に1つから1人に1つ持ってみませんか?

防災用品販売について

弊社では石油、ガス機器、住設以外にも防災用品も取り扱ってます。
ぜひ一度ご相談下さい。

  • シェア
  • twitter
The following two tabs change content below.
山梶正幸

山梶正幸

中島商事株式会社 工事課の山梶です。
普段の業務は、お客様宅のガス・石油機器等の取付・取替と、それに伴う給水・給湯・ガス配管工事などをしております。お客様に満足いただける仕上がりを心掛けています。
今までの経験と知識で皆様のお役に立てる情報を発信していきます。
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket